競馬必勝法の情報探し、競馬無料予想、競馬一口コラムなど。
 リンクはご自由に。以下をコピー&ペーストしていただくと楽に貼り付けられます。
  <a href="http://keibatalk.blog71.fc2.com/">競馬必勝法を考えるブログ</a>

競馬必勝法を考えるブログ記事スポンサーサイト

競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第47回京都金杯(GIII)


登録馬71頭

出頭できるだけでも縁起物?




中央競馬正月開催は1月4日・1月5日に行われる。
西のメイン京都金杯は1月5日となる。
例年、同日に開催されてきた東西の金杯が来年は別々となるのだ。

1963年、「迎春賞」の名で京都芝2000メートル戦として開催されたのが最初だ。
1966年に「金杯」とレース名が変更される。
1984年にグレード制が導入されGIIIに格付けされた。
1989年にはレース開催数日後に元号が昭和から平成に変わったため、この年の金杯が関西圏における最後の昭和の重賞レースとなる。
1996年には関東の金杯と区別するためにレース名が「京都金杯」となった。
2000年からは中山金杯との差別化を図るため距離芝1600メートルに変更された。
これにより中央競馬で古馬が出走できるハンデ戦のマイル重賞が京成杯オータムハンデに続いて二つ目となった。

今年は登録馬が71頭にも上る激戦となっている。
スポンサーサイト
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第58回中山金杯(GIII)


2009年競馬始めは1月4日から

縁起物レース金杯で乾杯




2009年の競馬始めは1970年以来、39年振りとなる1月4日からのスタートとなった。
年明け初日のメインは恒例のハンデ重賞第58回中山金杯だ。

1952年、中山競馬場芝2600メートルの「金杯」として行われた。
1961年より距離が現在の芝2000メートルの変更される。
1970年からは年明け最初の開催が東京競馬場に変更されたため、東京競馬場芝2000メートルに変更。
1980年から、また年明けの開催が中山に戻り中山芝2000メートルに戻る。
1984年よりグレード制が導入されてGIIIに格付けされる。
1989年は金杯開催から数日後に年号が「昭和」から「平成」に変わったため、この年の金杯が昭和最後の重賞レースとなった。
1996年から馬券の電話投票等の関係から関西の金杯と区別するために「中山金杯」とレース名が変更される。

競馬ファンの間では「一年の計は金杯にあり」などの格言も生まれ年の初めの縁起物レースとして親しまれている。

色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第54回東京大賞典(交流JpnI)結果


今年最後のGI締めたのはルメール騎手

カネヒキリ完全復活




地方競馬の総決算、交流GI第54回東京大賞典が大井競馬場ダート2000メートルを舞台に行われた。
前走、中央GIジャパンカップダートで2年10ヶ月ぶりの勝利を挙げ復活を果たしたカネヒキリがGI連勝で完全復活をアピールした。
鞍上はクリストフ・ルメール騎手。
2着はジャパンカップダートで1番人気ながらカネヒキリに敗れたヴァーミリアンで前走の雪辱とはならなかった。
3着は3歳馬サクセスブロッケン。
上位は中央馬が独占する形となった。
屈腱炎で引退の危機にさらされながら、ここまで立て直した陣営の手腕に拍手を送りたい。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第53回有馬記念(GI)結果


現役最強牝馬から最強馬へ

ダイワスカーレット逃げ切り勝利




2008年は牝馬の活躍が目立った年だった。
そんな年を象徴するようにグランプリ有馬記念でも1番人気ダイワスカーレットが1971年のトウメイいらい37年ぶりの牝馬による有馬記念勝利を飾った。
レースはスタートからダイワスカーレットが先頭に立ち絶妙なペース配分で後続を引きつれ、後半、後続馬が一気に動き出しペースが上がったが、さらにそこから突き放し見事な逃げ切り勝利だった。
2着は最低人気のアドマイヤモナーク、3着は10番人気のエアシェイディで3連単99万円台の大波乱となった。
引退レースとなったメイショウサムソンは8着、昨年の覇者マツリダゴッホは12着、ジャパンカップ勝ちのスクリーンヒーローは5着だった。

色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第53回有馬記念(GI)~注目の1頭


昨年の覇者は中山の鬼

グランプリ2連覇でお祭りだ。




中央競馬2008年最後のGI第53回有馬記念。
中山競馬場芝2500メートルを舞台に14頭が集まった。

注目は6枠10番マツリダゴッホ。
昨年の有馬記念の覇者でもあり、中山コースは重賞5勝を含め全7勝をあげている。
今年も日経賞、オールカマーと中山コース2戦2勝でこれまで中山コースで複勝圏を外したのは落馬したセントライト記念のみ。
まともに走れば中山コースで崩れることは考えにくい。
前走、ジャパンカップでは苦手だった府中左回りコースで見せ場十分の競馬で0秒2差4着と今が充実期とも考えられる。
昨年は9番人気の伏兵だったが今年は主役の一角として堂々連覇を狙う。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(JpnIII)~注目の1頭


クラシック有力候補集結

3連勝でダービーへリーチ?




毎年クラシック有力候補が集まるラジオNIKKEI杯2歳ステークスだが今年もGI朝日杯を凌ぐメンバーが揃った。
そんな中でも注目は3枠3番リーチザクラウンだ。
京都芝1800メートルの新馬戦は3着だったが、後に阪神ジュベナイルフィリーズを圧勝するブエナビスタには先着。
続く未勝利戦では2着馬に2秒1差もの大差をつけて圧勝する。
そして3戦目の2歳500万下特別千両賞では自ら逃げてペースを作り、同同日に行われた同じ阪神芝1600メートルの古馬準オープン「ゴールデンホイップトロフィー」と僅か0秒1差の時計で勝利した。
まさに2歳馬としては規格外の強さ。
その前走でも最後は流していた事を考えると初の2000メートルも問題ないだろう。
3連勝で重賞初制覇を飾りクラシック制覇へリーチをかけたい所だ。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第53回有馬記念~枠順確定


グランプリ本番目前

全14頭枠順出揃う




まず、今年の宝塚記念を勝ったエイシンデピュティが脚部不安のため出走を回避することになった。
改めてシーズン終盤のレースの難しさを知った。
それでも今年の有馬記念は出走14頭中GI馬が8頭と豪華版だ。

GI馬の枠はオークス・秋華賞2冠牝馬カワカミプリンセスが1枠1番、シンガポール国際航空カップ馬コスモバルクが3枠3番、ジャパンカップ馬スクリーンヒーローが5枠8番、皐月賞・日本ダービー・天皇賞(春・秋)馬のメイショウサムソン6枠9番、昨年の覇者マツリダゴッホが6枠10番、菊花賞馬アサクサキングスが7枠12番、そして桜花賞・秋華賞・エリザベス女王杯馬ダイワスカーレットが8枠13番となった。
ダイワスカーレットが有馬記念で不利とされる外の8枠に入った。
先行脚質だけに前半で脚を使ってしまう恐れもある。
鞍上、安藤勝己騎手がどんな手綱捌きを披露してくれるかも注目だ。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(JpnIII)


プレ・ダービー

2歳シーズンラスト重賞はクラシックの登竜門




阪神競馬場今年最後の重賞レースは2歳重賞第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークスだ。
クラシックの登竜門として毎年、GIの朝日杯フューチュリティステークスを凌ぐレベルの出走馬が集まるレースだ。

1984年、日本の競馬界のグレード制が導された年に2歳(当時は3歳)牝馬限定マイル重賞ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークスとして創設された。
しかし、1991年にそれまで関西所属の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦だった阪神3歳ステークスが牝馬限定GI阪神3歳牝馬ステークスに生まれ変わったのを機に牡馬・セン馬限定の「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」となった。
2000年からは牝馬も出走可能となる。
そして2001年から馬の年齢の数え方を国際基準に合わせたのでレース名も「ラジオたんぱ杯2歳ステークス」となった。
さらに2006年からスポンサーのラジオたんぱ局が「ラジオNIKKEI」に替わったのでレース名も現行の「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」となった。
過去、ナリタタイシン、タヤスツヨシ、アドマイヤベガ、アグネスタキオンが翌年のクラシックを制し他にもメジロブライトが天皇賞馬に輝くなど幾多の名馬を輩出する出世レースとしても名高い。

今年もリーチザクラウン、ロジユニヴァースなど評判馬が多数参戦し有馬記念の前日に白熱したレースを見せてくれそうだ。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第53回有馬記念(GI)


一年の総決算グランプリ

「牝馬の年」を締めくくるのは…?




いよいよ今年も有馬記念がやってくる。
一年の競馬を締めくくる総決算レース、この日は普段馬券を買わないファンも参加してこの日ばかりは競馬で盛り上がる。
それが有馬記念だ。

かつて中山競馬場の大レースと言えば暮れの中山大障害だった。
しかし、東京競馬場の日本ダービー並みのビックレースが欲しいという声が高まる。
そこで当時の中央競馬会理事長・有馬頼寧氏により、プロ野球のオールスター試合にヒントを得たファン投票による出走馬選出という世界にも例を見ないレースが誕生した。
1956年12月第1回中山グランプリが開催された。
しかし、翌年1966年中山グランプリの創設者・有馬頼寧氏が亡くなる。
そこで有馬氏の功績を称え第2回から「有馬記念」と命名されるようになった。
古くはシンザンの5冠達成、テンポイント・トウショウボーイのマッチレース、近年でもオグリキャップ涙の復活、ダイユウサクの大激走、トウカイテイオーの奇跡の復活、最近でもディープインパクトの国内初敗北と翌年の引退レースVなど、後世の競馬界に残る名レースを演出してきた有馬記念。
今年は一体どんなドラマが待っているのか…?
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事メイショウサムソン引退式


2009年競馬始めの京都で実施

ラストランは有馬記念




今週行われる第53回有馬記念を最後に競走馬生活にピリオドを打つGI4勝馬メイショウサムソンの引退式が2009年の競馬始めとなる2009年1月4日の京都競馬場で行われることとなった。
2006年に皐月賞・日本ダービーを石橋守騎手とのコンビで制し菊花賞で敗れてクラシック3冠は逃したが2007年には天皇賞(春)さらに武豊騎手とのコンビで天皇賞(秋)も制した。
2008年には武豊騎手とのコンビでフランスに遠征、10着に敗れたものの凱旋門賞にも挑戦した。
数々の栄光と挫折を繰り返したメイショウサムソンの競走馬生活も後1戦で終わりを告げる。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


FC2Ad

競馬情報会社 競馬予想会社

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。