競馬必勝法の情報探し、競馬無料予想、競馬一口コラムなど。
 リンクはご自由に。以下をコピー&ペーストしていただくと楽に貼り付けられます。
  <a href="http://keibatalk.blog71.fc2.com/">競馬必勝法を考えるブログ</a>

競馬必勝法を考えるブログ記事スポンサーサイト

競馬必勝法を考えるブログ記事第23回根岸ステークス(GIII)~注目の1頭


前走、レコード勝ち

再度、直線一気決まるか




大荒れの東京地方の天気により開幕から道悪となった東京開催。
2日目のメインはフェブラリーステークスの前哨戦第23回根岸ステークスだ。
注目は1枠1番ビクトリーテツニー。
前走は昨年末に中山競馬場で行われた第1回カペラステークス。
この記念すべき第1回開催で大外一気の末脚で勝利。
それまでの持ち時計を1秒以上更新してのレコード勝ちを決めた。
1番人気確実と見られるバンブーエールを始め先行馬が多く、しかも道悪必至の今回、速い流れが予想されビクトリーテツニーの末脚が活きる流れになる。
府中の長い直線を切り裂いて3連勝を決める。
スポンサーサイト
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第59回東京新聞杯(GIII)~注目の1頭


遅咲きの血がついに開花か

父に続けタマモサポート




中央競馬重賞3本立て初戦、第59回東京新聞杯。
府中のマイル戦に16頭が顔を揃えた。
注目は6枠12番タマモサポート。
オープン、GIIIと芝マイル戦を現在2連勝中。
折り合いの不安が少なくなったのが最大の成長だ。
前走、京都金杯は7番人気と評価は低かったが終わってみれば2馬身差の完勝だった。
父タマモクロスは京都金杯勝ちから連勝街道に入りGI馬にまで登り詰めた。
そのタマモクロスを父に持つタマモサポートも6歳にして本格化したとしても不思議ではない。
重賞連勝で悲願のGI制覇を現実の元に近づけたい。

色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第44回京都牝馬ステークス(GIII)


牝馬戦線開幕戦

ヴィクトリアマイルへの道




春の女王決定戦第4回ヴィクトリアマイルへ続く古馬牝馬戦線。
まず、今週の京都競馬場で2009年古馬牝馬重賞初戦、第44回京都牝馬ステークスが行われる。

1966年、京都芝2000メートルの京都牝馬特別としてスタートした。
最初は10月~11月の秋開催のレースだった。
1968年から現在の京都競馬場芝1600メートル戦となる。
1983年から1月~2月開催となり現在の形が出来上がった。
1984年グレード制導入によりGIIIに格付けされた。
2001年からレース名が京都牝馬ステークスとなった。

今年は昨年の3歳牝馬クラシック戦線を戦い抜いたオディールやザレマ、レインダンスといった牝馬重賞の常連組、スペルバインドやチェレブリタといった上がり馬が入り混じり混戦模様となっている。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第59回東京新聞杯(GIII)


東京開幕を飾る

短距離の主役になれるか




東京開催開幕を飾る重賞は第59回東京新聞杯だ。
安田記念やヴィクトリアマイルと同じ東京競馬場芝1600メートルで行われる。

1951年東京競馬場芝2400メートルのハンデ戦東京杯としてスタートした。
1955年から別定戦に変更され、1966年からレース名が現在の東京新聞杯となった。
1984年のグレード制導入によりGIIIに格付けされ距離も芝1600メートルに変更となり現在の形が出来上がった。
キングヘイロー、アドマイヤコジーン、ハットトリックといったGI馬の出走もあり冬場の重賞としては華やかなイメージがある。

今年は前走、京都金杯で本格化を思わせる勝ち方をしたタマモサポートや前走でようやくオープン入りを決めた藤沢和厩舎の秘密兵器ファストロックなどが春の短距離戦線の主役を目指して出走する。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事今週の注目レース~第23回根岸ステークス(GIII)


今週もダート無敗馬登場

フェブラリーステークスへの最終ステップ




中央競馬関東圏は今週から1回東京開催が開幕する。
開幕週は土日で1レースづつ重賞レースが組まれているが日曜はGIフェブラリーステークス前哨戦第23回根岸ステークスが行われる。
戦前、横濱競馬場が置かれていた神奈川県横浜市の地名から取られたレース名だ。

1986年11月に東京競馬場ダート1400メートルのオープン特別として行われたのが最初だ。
翌年、1987年重賞に昇格しGIIIに格付けされる。
中央競馬のダート重賞の中でも歴史は古いレースとなる。
1990年から距離がダート1200メートルの変更された。
2001年からは開催時期が現在の1月末から2月初めの位置に移動し距離もダート1400メートルに変更され東京競馬場のダートGIフェブラリーステークスの前哨戦となった。
過去、ノボトゥルーとメイショウボーラーがこの根岸ステークスを勝って本番のフェブラリーステークスも制している。

今年はダート4戦無敗のウォータクティスが出走を予定している。
古豪がひしめくダート界に新しい風を吹き込む事ができるか?

色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第50回アメリカJCC(GII)結果


関東馬連敗ストップ

横山典弘騎手は通算5勝目




1回中山最終日、第50回アメリカJCCが行われた。
勝ったのは4番人気ネヴァブション。
鞍上は横山典弘騎手。
2着は2番人で有馬記念3着以来のエアシェイディで美浦・伊藤正徳厩舎のワンツーフィニッシュとなった。
3着は7番人気トウショウシロッコ。
1番人気で有馬記念4着のドリームジャーニーは8着に終わった。

キングストレイルが逃げる展開で始まったレースは前半1000メートル61秒5のスローペース。
終始3番手で進んだネヴァブションはゴール前で抜け出して後続に2馬身半の差をつけてゴールした。
今年はここまで重賞レース7レースを全て関西馬に勝たれていたが、ネヴァブションの勝利でようやく関東に重賞1勝をもたらすことができた。
鞍上、横山典弘騎手はアメリカJCC5勝目をマーク、小島太元騎手(現・調教師)と並ぶ歴代最多タイとなった。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第50回アメリカJCC(GII)~直前情報

1月25日中山競馬場は芝・良、ダート重となっている。
芝は良馬場と言っても昨年12月から続く連続開催最終日だけに時計のかかる馬場状態となっている。
メインレース第50回アメリカJCC締め切り約30分前の単勝1番人気は7枠11番ドリームジャーニーで3.2倍、馬体重は454キロ+4キロとなっている。
ドリームジャーニーは有馬記念2分31秒9で4着となっている。
一方、単勝2番人気エアシェイディは4.9倍、馬体重496キロ増減なしとなっている。
この馬は有馬記念2分31秒9で有馬記念3着。
つまりドリームジャーニーとエアシェイディではタイム差はなかった。
アメリカJCCは賞金別定戦のために負担重量がエアシェイディ58キロに対してドリームジャーニー57キロとドリームジャーニーが1キロ軽くなっている。
この点はドリームジャーニーが有利だろうか?

また、有馬記念で+14キロの馬体重だったアルナスラインは今回-6キロの548キロでの出走となる。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事第50回アメリカJCC(GII)~注目の1頭


明け8歳の今が最盛期

連覇だ、エアシェイディ




関東、今年最初のGIIは中山競馬場芝2200メートルのアメリカJCCだ。
注目は5枠6番エアシェイディ。
重賞でも常に僅差ながら今一歩勝ちきれなかったが、昨年のアメリカJCCで念願の重賞初勝利。
これを気に本格化の兆しを見せて、安田記念4着、レコード決着となった天皇賞(秋)で5着、そして前走、有馬記念で3着に入りGIでも上位に顔を覗かせるのうになった。
母の父ノーザンテーストの影響か8歳を迎えた今も衰えを感じさせず、むしろ今が充実期とも言える。
ここは連覇が期待される。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事アレキサンドライトステークス注目の1頭


カジノドライヴ関東初登場

ここでは物が違う




中山競馬場ダート1800メートルの準オープン、アレキサンドライトステークス。
土曜中山競馬のメインである。
ここに注目の馬が参戦している。
8枠10番カジノドライヴだ。
昨年5月、米GIIペーターパンステークスを制し日本調教馬による米ダートGII制覇という大偉業を成し遂げた馬だ。
その後、米でオープン戦も勝利し、ブリーダーズクラシックにも出走した(結果は12着)
前走は、日本でキャリア2戦目ながら国際GIのジャパンカップダートに出走。
ダート重賞の上位常連馬を相手に0秒5差6着と奮闘した。
今回は改めて自己条件からの再出発となる。
相手関係はこれまでより格段に楽になり、しかも斤量は前走から据え置きの56キロならここはもう必勝体制だ。
器の違いを見せつける勝ち方を期待したい。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


競馬必勝法を考えるブログ記事テイエムプリキュア引退撤回


勝ったから撤回でいいのか?

なんのためのラストランか




2005年12月デビュー以来2戦2勝の成績でテイエムプリキュアは阪神ジュベナイルフィリーズに出走した。
後にエリザベス女王杯や札幌記念を制するフサイチパンドラ、ヴィクトリアマイルを制するコイウタ、アイビスサマーダッシュを制するサチノスイーティ、オークス・ヴィクトリアマイルとGIで2度の2着がありクイーンステークスも制したアサヒライジングなど強敵が多数参戦し、テイエムプリキュアは2戦2勝の成績にも関わらず8番人気の低評価だった。
しかし、得意の道悪にも助けられてテイエムプリキュアは勝利。
3戦3勝無敗の2歳女王に輝いた。
テレビアニメ「ふたりはプリキュア」から名付けられた馬名も手伝って、たちまち人気馬となっていく。
しかし、その後のプリキュアは勝利から見放された。
桜花賞、オークス共に惨敗し、休養に入った。
明け4歳から復帰したものの勝てず、5歳を迎えた昨年の日経新春杯で引退、繁殖入りする予定だった。
しかし、このレースで3着に好走したため引退は撤回となりまた1年間走り続けた。
そして2009年、明け6歳の日経新春杯。
再び日経新春杯に出走する。
そして今度こそラストランになるはずだった。
2歳以降、勝ち星のないテイエムプリキュアに課せられたハンデは最軽量49キロ。
さらに時計のかかる道悪、ノーマークの逃げ。
テイエムプリキュアが勝利を収めるのに必要な条件が全て揃っていた。
先日、成人式を迎えたばかりの荻野騎手を背に最後まで脚色は衰えず、2着馬に3馬身の差をつけて逃げ切ってしまった。
見事、ラストランを勝利で飾り、GI1勝、GII1勝のタイトルを手土産に繁殖入りするはずだった。
しかし、調教師の口から、またしても引退撤回を示唆する、コメントが飛び出す。
結論は2~3日中に出すとの事。
そして出た結論は、またしても引退撤回、春の天皇賞を目標に調整されるとの事。

正直がっかりした。
この先、テイエムプリキュアが現役を続行して走り続けても勝利を手に出来るとか考えにくい。
これからは、先日の日経新春杯のようなノーマークの逃げを打つのも難しいだろう。
そして何より、故障等で最悪の事態になり「あの時引退させていれば…」と悔やんでも遅いのだ。
2歳GI以来、約3年ぶりの勝利を飾ってターフを去り、夢の続きは仔に託す。
人気馬テイエムプリキュアにはそんな最後を用意してあげたかった。
色々なブログから競馬必勝法を探すなら、詳細は・・・ 競馬予想ランキングならココ馬券術ランキング

「競馬必勝法を考えるブログ」のその他のジャンル別記事
ブログINFO(61)  競馬情報拾い読み(882)  今日の予想(451)  予想結果(234)  今日競馬に感じたドラマ(9)  私的投資競馬必勝法(1)  ブログ「素材」(5)  リンク先一覧(2)  


FC2Ad

競馬情報会社 競馬予想会社

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。